CAからです

カリフォルニアは去年とは違い、晴れています!

今日もSan Onofre からのスタートです。

昨日より若干サイズを落としながらも、いい感じの波になっています
200214_0.jpg

200214_13.jpg

200214_10.jpg

200214_11.jpg

今日はMichael Arenal と

200214_12.jpg
みんな大好き Bucky Barry

Buckyは今日初めて下すUncle Buck2 を用意して気合が入っています。
なんとバッキーは今年WSLのロングボードツアーに復帰するといって意気込んでいます
こちらの、シングルフィンロガーたちは、去年のWSLのルール変更を好感し、
WSLやその他のコンテストに再度挑戦したくなったというロガーたちであふれています
それもそのはず、去年のツアーではノーズライドにのみ高得点がつけられていたので、
いよいよ自分たちの時代が来た!てきな感じです。

200214_4.jpg
そのバッキーのハングテンです。

彼はやっぱりうまいです!


今日はサゴマイザーに乗れると思っていましたが、持っているショップスタッフがこれず
お預けになってしまいました。 残念!

ですが今日もPhil Edwards Noseriderにしっかり乗り込んできました!



サーフの後は、Michael Arenal のシェイプに立ち合うことになりました

200214_5.jpg

そこで、本日初めてご紹介するのが、

Ian Gottron です (イアン ガトロン)
200214_9.jpg

なんと若干18歳、高校を卒業したてのニューカマーです。
いよいよまた次の世代が出てきました。
14歳でサーフィンを始めた彼はほぼ4年ほどのサーフィン歴にも関わらず
去年は2度、ジョエルチューダーの主催する、ダクトテープに招待されているのです。
ハンティントンとニューヨークでのダクトテープに招待されています。
日本には行けなくて残念だったよ、と言ってましたが、またいつの日か来日もありそうです。


200214_3.jpg

そして、ショートボードも半端じゃないレベルに上手い!

200214_1.jpg

200214_2.jpg
写真は彼のインスタグラムよりです

見る感じ完成されているかのように見えますが、まだまだ伸びしろが山ほどある彼です

Dana Point で育ち、名門 Dana Hills ハイスクール出身です。
ショートはソルトクリークで、ロングは夏はドヒニーで、冬はサンオノフレで毎日やっているということです。

そしてこのIan Gottronの モデルとして、ロング、ミッドレングス、ショートが、リリースされる予定
その、打ち合わせとプロトタイプのシェイプをMichaelと一緒にしていました。

200214_7.jpg

希望を聞いて、形にしていく光景です
200214_8.jpg

200214_6.jpg

ロングはゲイリーが担当し Piggyなノーズライダーに
ミッドレングスとショートは、Michaelが担当し
Piggyなミッドレングスと、フィッシュ風なショートが
Ianのモデルとしてリリース予定です。
こちらもご期待ください。


ではまたです。


Masa














関連記事