Californiaの続きです

春一番 吹きました!
3月に入ったとともに、暖かく、春を感じることが出来ましたね。
春一番の次の日は、良い波がありそうです。
期待しましょう!

さて、カリフォルニアブログの続きになります。

カリフォルニアのHOBIE サーフショップには、
歴史的なモデルを展示していますが、
今年になってから、そのボードをまとめて、
Surfing Heritage & Culture Center
訳して SHCC がHOBIEのショップをSHCCの分署のように
ショップ内にHSCCが出張してきた様に展示されています。

DSC05592.jpg


歴史的モデルが並んでおります
右上に HSCCの文字が見えますね。
これって凄いことです

その中の、これが Corkey Carroll Super Mini モデルの当時のものです
1968年です

DSC05582.jpg
上にはHSCCの文字が見えます

DSC05583.jpg

これが、先日ご紹介した、今年復刻を遂げたモデルです
これです

DSC054628.jpg

DSC054546.jpg
デカールもばっちり同じです

そして、少し離れた所には
Phil Edwards モデル 1963年のものです
DSC05595.jpg

こちらも昨年見事復刻を遂げたモデルです

そして、こちらはDeadly Flying Gloveの1970年代当時のもの
DSC05593.jpg

これも、先日ご紹介したように現代にも継続して、作られているモデルです。
誰もが乗りやすい! と豪語するモデルです
しかもBonzerタイプも復刻です
DSC058423.jpgDSC058433.jpg

そして、そして、DFGの横にはHOBIEのスケートボードの歴史も
しっかりと展示してあります

DSC05594.jpg
60年代から70年代はHOBIEはスケートの世界でも最先端でした

そして、HOBIEのスケートボードの元祖と言えばこれ
HOBIE SUPER SURFER
DSC05571.jpg
こちらも1963年当時の物をしっかりと展示しておりました

このスケートボードは、世界で初めて、クレイのウィ―ル(タイヤ)を使った
プロダクションスケートボードで、非常に歴史的意味があるスケートです
それ以前はスチール製(金属)のタイヤを装着していたものがメインで
がらがら、かちゃかちゃ、音を立てながら滑っていたのです
そこに、HOBIEがこのSUPER SURFER を開発したので、
爆発的に売れた事は、言うまでもありません

そして昨年末、なんとこのHOBIE SUPER SURFERも
復刻を遂げたのでした。

28450203_1536621646454747_1457026763_n.jpg
当時の物と同じように、精密に作られています

ウィ―ルもしっかりと当時のものを復刻させています
28450454_1536621633121415_365801488_n.jpg
なので、現代のスケボーから比べると乗りにくい事は間違いありません。
が、この当時のものと同じ仕様のものがたまらない感じです。

このSUPER SURFERは世界で300本限定で復刻とのこと、
昨年末に数本入荷しましたが、ネットやブログでご紹介する前に
即完売してしまいました。 
現在HOBIE JAPANに一本展示をしておりますが
今回の訪米で、あと15本をなんとか確保してまいりました。
本当に来るかは、定かでは有りませんが、
ご希望の方がいらっしゃいましたら、
順番にご予約ということで、整理券を配布させていただきますので
ご連絡ください!!
はたして、ちゃんと15本入荷するかは正直分かりませんので
早めのご連絡が良いと思います。


上記のいろんなものの復刻がここ数年あいついでおりますが
この復刻劇の仕掛け人がこの人
DSC0248112.jpg
Mark Johnson なのです。

Markは、私に、”どうだMasa、俺が去年から成し遂げた数々の復刻劇は”
と自慢げに言ってきます。
” Great Job !! " と返しましたが、続けて
”でも、これは俺が長年Markに頼んでいたことだよね”と私は言いました。
Markは”そうだった、そうだった、”といい
二人は20年来の出来事をいろいろと回想するのでした。


ということで、またです!


Masa


関連記事