2017年ロングボード世界タイトルの行方は?

だいぶ寒くなってきましたが、寒い冬は良い波が来る! と言われているので
寒さ対策をしっかりして、寒さに負けないで行きましょう !

さて、今日はロングボード世界タイトルの話

今年のロングボード世界タイトルはというと、
春のパプアニューギニアでの大会と、先日台湾で行われた大会
この2戦で世界チャンピオンが決定するシステムでした。

昨年のチャンピオンHOBIEのチームライダーの フィル・ラズマンはというと
第1戦は10位で終わっていたのですが
第2戦の台湾では、トーナメントリーダーであるテイラー・ジェンセン を見事下し、
ファイナルに進出し、見事準優勝!
86b16b2d4f274d0e7bd101f0141bef5d[1]

b3f4dbf3082fca2bd765c1e2ee37e990[1]

総合で、4位と大健闘しました。
昨年は世界チャンピオンに輝きましたが、今年の4位というのも
凄いことです。 世界で4番目ですからね。


さて、そして、今年はこのフィル・ラズマンがテイラー・ジェンセンを下したことで
世界タイトルの行方が一時大混乱したのです
なんと、テイラー・ジェンセンとエンデューロ・デルペロさんが、
2戦の総合で同率首位になったのです。
同率首位というのは過去のWSL、ASPの中でもかなり珍しく、2度目だそうです。
そこで、行われたのがサーフオフ。
野球やゴルフでいうところのプレーオフと同じ意味です。

ここで、テイラージェンセンがデルペロを下して、2018年の世界タイトルを獲ったということで
3度目の世界タイトルを獲ったのでした。

d99a9bd1f2b01990bcc09a185f96b20e[1]

この写真の右下で肩に乗せているのはフィル・ラズマン。
テイラー・ジェンセンも元はHOBIEのチームライダーだったので。
フィルも嬉しかったことでしょう。
というよりも、タイトルの圏外にいた自分が
世界タイトルに一番近かったテイラーを負かせてしまったことで
サーフオフまで持ちこんでしまったことが、この瞬間に御破算になって、
さぞ、ホッ としたことでしょう


で、テイラー・ジェンセンがHOBIEチーム時代の秘蔵写真が出てきたので
ポストしましょう

24898846_1459261754190737_566689170_n.jpg


25105874_1459243357525910_211349828_n.jpg


デジカメじゃなくて、DPEプリント時代の写真です。15年くらい前かな
私も若かったですが、テイラーも若いですね。
背が半端なく高くて、すごくかっこよかったんです。
いまもカッコいいか、、
photo by nami です

とにかく、テイラー・ジェンセン おめでとう!

そして、フィル・ラズマンも良く頑張りました!!
この後フィルは、カリフォルニアから、ハワイのノースに向かうのでした。

ちなみに現在フィル・ラズマン・モデル 店頭在庫ございます

DSC01674hh.jpg


こちらからどうぞ


Masa
















関連記事