From CA Vol.2_2017

カリフォルニアからです。

本日はタイラー・ウォーレンと一日過ごしました。

彼のスタジオに行くと
現在作成中のオイルペイントが、いつもの様にありました
いまはこんな感じです

DSC020101.jpg

DSC020151.jpg

毎度毎度、彼が描く女性は、その時に付き合っている彼女を描いているのが
良くわかります。

そしてヤードには現在お気に入りのボードがおもむろに壁に寄り掛かっています
DSC020401.jpg
ダイアモンドと One Fin Pin そして ソープのフィッシュです。

そして、少しシェイプしないといけないんだ、とシェイプを始めたタイラー
DSC020321.jpg

シェイプをするとき、絵を描くとき、サーフィンをするとき、それぞれ彼は真剣です。
これらが上手く影響し合ってタイラーの表現するものが作りだされるのですから当然ですよね。

DSC020251.jpg

そして、Masa 波をチェックしに行こう!!
こう言って、車で出かけます

近年カリフォルニアは水不足で節水制限がされるほど雨が降らなかったのですが
今年は異常に雨が多いのだそうです。
昨日ニュースにもなっていましたが、カリフォルニア北部のアメリカ最大のダムが決壊しそうで
少しづつ水があふれ出ているのです。何万人もの人に避難命令が出ていて、実際に避難しているそうです
今週末にまたストームが来るらしいのですが、大事に至らないことを祈ります

そのくらい今年は雨が降っているのだと言います

その雨のおかげでサーファーにとっては良いこともあるのです
それは、いたるところから砂が流れ出て、新しいサンドバーができ
波が良くなっているのです。
新しいサーフブレイクも発見されたりしています。

そこでタイラーが、子供のころからサーフィンして育ったドヒニーの河口に大きなサンドバーが出現しているんだ
とのことで、そこをチェックしに行こう、ということになり
ドヒニーが見渡せる少し高台に二人で行ってみました
そこからは、いままでとは全く違う光景が広がっていました

DSC020461.jpg

この写真の右側に川が流れ出ているのですが、その河口に広い範囲で砂が流れ出ていて、陸地が広くなっていました
これがサンドバーです。このサンドバーがうねりや潮によって、最高の波をもたらしてくれるんだ、
今日はうねりが弱いから出来ないけど、何日か後にはうねるが来るから、ここが良くなるよ! っとちょっと興奮気味なタイラーでした。
確かに、こんな地形をいている場所では無かったので驚きでした。

天気も良く暖かいので、しばらく二人でここを眺めていました
DSC020481.jpg

初めてここで会った時の話等をしながら。
中学生の坊主頭のタイラーとバッキーのかわいかったこと、
そんな話をしながらです。
メローな時間が流れました。

そして、しばらくのんびりして、サンオノフレが潮が引いてきて、
波が上がってきているみたいだ、との情報から
サンオノフレへ向かいました。

サンオノフレは浜辺まで車を入れられる数少ないポイントなのですが
先日の大雨で、なんと駐車場に最後にエントリーする道路が崩れ落ちて、通れなくなっていると
雨水と波で陸地が崩れてしまっているのです
なので、少し離れた場所に車を止めて歩くことになりました。
歩く途中の山々を見てタイラーは、
見てみなよMasa いつもこの季節は木が枯れていて茶色い山が
今年は緑色してるだろ、と

DSC020501.jpg

なるほど、確かにこんなに緑している山はこの季節には見たことないです
それだけ異常気象なんです。

そしてたどり着いたサンオノフレ
DSC020601.jpg

大きいサイズではないですが、少し出来ます
タイラーも Pretty Good! と

DSC020521.jpg
いま彼はダイアモンド モデルがお気に入りのようで
ダイアモンドはどうだ?Masa ダイアモンドは良いだろ!Masa
ダイアモンド一押しでした。
確かに私もそう思いますし、非常に好きなボードです。
私はOne Fin Pinを使いました
One Fin Pinも間違いないボードです

DSC020731.jpg

うれしそうにダイアモンドを持っていざ海へ

潮が引きすぎて、ブレイクが陸から非常に遠いので
慣れないウォーターショットで撮影しました
サイズはモモ~コシ~ハラ と私向きのメローな波でした
P21305281.jpg
ドロップ二―ターンが決まります

P21305201.jpg
ウォーキングからノーズライド
P21305161.jpg

P21305191.jpg
小波でも、かっこいいです。
さすがです。
やっぱり一流です、この人は。

最後に最高の瞬間を捕らえたのですが、なんとこんな
P21305221.jpg
いつものボケピン

いつもすいません、、、、


そして、海からあがると、こんな光景
DSC020771.jpg

駐車場が崩れて、いつもあるパームツリーも水にさらわれて、根っこが転がっています
本当に凄い雨だったんですね。
タイラーはビール片手に、Masa いもの見せてあげるよ、と
DSC020791.jpg

崩れてころがった木を使ってみんなで少しずつ作ったのだそうです

DSC020801.jpg

DSC020811.jpg

この中に入って昔のサンオノフレのサーファーを気取るんだ、と
ビール片手に中に入り、なんだかメローな時間が流れ、
サーフィン黎明期のサンオノフレの感じを味わわせてもらいました。
波の音と、そしてサンセット 
タイムスリップでもしたかのような時間が流れました
DSC021011.jpg

タイラーが、暖を取るために火を一生懸命起こします
DSC021031.jpg

中には電気も通っていて、ライトが付きます。

しばらくこのメローな時間を楽しみ、解散となりました


そしてタイラーの家に着くとタイラーはコートヤードのファイヤーピットにひを付け
サンオノフレの続きをやろう! と
16780335_1185841938199388_1065459229_n.jpg

そしてビールを次々あけるのでした。
彼がこんなに飲むのは久しぶりなかんじでした。
そして、彼女のセイジャとこんなことに。
DSC021151.jpg

そして、Masaガンを見るか?と 
自分でシェイプしたガンを見にシェイプルームへ。
10フィートのがんです。
厚さは非常に厚く4インチ近いです。

DSC021171.jpg

リーシュカップが二個付いているんですね。

タイラーはこのボードで大波を乗っているのをイメージをしながら
去年マーべリックスでBIG WAVEにチャレンジしたんだ、と
2時間で五本乗ったよ。
これはたぶん2時間で五本は多く乗ったということだとは思います
波が大きいと一時間に一本くらいですもんね乗れても。
アルコールが回っているのか
いきなりパドリングをし始める始末。
DSC021201.jpg

彼にはこういうおちゃめな一面もあるのです。

こうして夜は更けていくのでした。

長文にお付き合い頂き、有難うございました

また明日!

Masa






関連記事