From CA vol.5 2016

カリフォルニアよりレポートです

本日は 予定通り レイチェル・ティリー と ゲイリー・ラーソンと海へ向かいました
波はこんな感じです
16021336.jpg
サイズは、ムネ~カタ セットでアタマ前後といったところです。

レイチェルは、ワールドタイトルを取った時の、ウイニングボードで登場
16021335.jpg
これがニューモデルになります。
幅広、薄め、ロッカーあり、テイルのみエッジ、そして軽い、 そんなボードです

16021334.jpg
フィンは前のブログで紹介したとおりのシングルフィンで
レインボーフィンの、ウイングナット カッタウェイフィンです

16021333.jpg
17歳のワールドチャンピオン、大人になってきたとは言え、まだまだあどけないです

16021331.jpg

早速レイチェルのライディングをご覧いただきましょう
16021311.jpg
ワールドタイトルを取った時と同じグーフィーのライドから

16021312.jpg
ターンは毎回、しっかりとボードのボトムを見せています

16021313.jpg
深いターンから加速して、ノーズのセットを開始するところです

そして、グーフィーでのハングファイブへ
16021316.jpg
さすがチャンプ
やりますね~

レギュラーでのノーズもしっかり!   余裕です
16021318.jpg


そして、やはりテイクオフはきわどいところから来ますね
16021320.jpg

レイチェルらしいカットバックですねーー
16021324.jpg

16021325.jpg
そしてノーズライディングもばっちりです

そしてインサイドまでしっかり乗り継いできて
ハングファイブを見せてくれます
16021328.jpg

そしてインサイドでのハングテンまで
16021329.jpg

ゲイリーも負けているわけにはいきません
ということで、ゲイリーです 。ゲイリーはレガシーにのっています
カットバックのシークエンスです
16021323.jpg

16021322.jpg

16021321.jpg

ゲイリーのターンは深いです
16021326.jpg


そして今日も水中撮影に成功しましたよ
ご覧ください

まずはゲイリーからです
16021301.jpg

16021302.jpg
かっこいいですね~


そしてレイチェルも
16021303.jpg

16021304.jpg
ノーズライディングを捕らえました!
16021305.jpg

朝日に映えるレイチェル
16021306.jpg

16021307.jpg
バックサイドの深いターンも
16021308.jpg

そして最後は失敗作ですが、なんだか構図がいいので載せてみます
16021309.jpg



やはりレイチェルは若いのに決め処が分かってるんですね
すでに写真を撮られ慣れているんでしょうかね

レイチェルは、この後メキシコのログフェスティバルに向かい
その後は、オーストラリアにヌーサフェスティバルを挟み一ヶ月行くそうです
そして、今年の6月には高校を卒業するとのこと
その後の予定はカレッジに進学したいのですが、
1年か2年、サーフィン中心の生活をして、世界を周りたいとのことです
日本にも行きたいと言っています。
しっかりたっぷりサーフィンした後もう一度学業に戻りたいそうです
しっかりした考えを持ていました。

それにしても、すごいタレント性を持った子をテリー・マーティンは発掘したものです
さすがです!! 


Masa


関連記事