Rachel Tilly モデル インプレションです。

毎日のインプレッション、失礼いたします。
お付き合いください。

本日は、Rachel Tilly モデルのインプレッションを、書かせていただきます
217177_01.jpg
デカールもクールでカワイイですね
217177_04.jpg


以前のブログで書かせていただきましたが、若干17歳の彼女
racheltillyphoto1.jpg

racheltillyphoto4.jpg

Terry Martinの最後の秘蔵っ子だったことは、こちらでご確認ください
http://hobiesurf.blog17.fc2.com/blog-entry-3780.html
USロングボードコンテストシーンでは、常にトップを争うように成長しました

その彼女のファーストシグネチャーモデルのインプレッションです。

ボードの詳細をご説明しますと、
ハイパフォーマンス性能と、ノーズ性能を融合させた感じの、ディテールでノーズ幅がワイドで、ノーズコンケーヴも深く、広く、そして、ロッカーもしっかりあります
また、ボトムはフラットな部分がほとんどなく、ノーズコンケーヴがセンター近くまでありその後ろからダブルコンケーヴが始まりテイルにかけて強めになっていくという感じのハイパフォーマンス +ロングノーズライドなかなりコンセプトがはっきりしたボードです
フィンシステムは2+1 
テイルはスカッシュです

実際のライディングインプレッションです
パドルですが、幅や厚みはしっかりあるので浮力は感じます
その浮力で進む感じはしますが、ロッカーがあるので、
テイクオフは、やはり、そのロッカーに合った斜面に差し掛からないと、走り出さない感じです。
つまり、クラッシックなロングボードのテイクオフポジションよりも少し内側からのテイクオフとなります
ただ、そこからが波の美味しいところですので、ライディングに支障は全くありません
むしろ、テイクオフ直後からアクションに入れるので、無駄がない感じです

そして、ご想像通り、動きます。
かなり動きます
スカッシュテイルと、2+1 フィンの組み合わせが非常に良く、 かなり鋭角的な切れるターンが可能です
この鋭角的なターンに慣れていない方は、体がついていかないかもしれません
ドライブ&シュレッド です。
ボトムターンでの加速もしやすく、アップスンダウンもいい感じでボード自体が勝手に走るボードではなく、自分で加速させていく感じのサーフィンです。
広くフェイスを使った軽快なマニューバーが描けるボードです。
一瞬ファンボードに乗っているかのように錯覚するくらいの軽快感です。
なんか、若返った感じすらしました  笑
リップへの当て込みや、カットバックでのホワイトウォーターへの当て込みなどもかなり軽快です。
なんか上手くなった気がするボードです。
自分で走らせて、自分でコントロールする。
ボード任せではなく、乗り手の意思が重要なボードです

そして、ノーズ性能ですがこれまた、かなりいいです。
アウトラインと、コンケーヴをご覧の方はお分かりだと思うのですがテイルでホールドさせるノーズライダーではなく
ずばりノーズの形で、ノーズライディング性能を出しているので、
少し厚めの、パワーゾーンを外れたセクションでもノーズに足が掛かるボードです
勿論パワーゾーンにいれば、ハングテンもしやすいボードです。
ピックルモデルの初期型のタイプが出始めのころを覚えている方はあのノーズ性能に驚いたと思いますが、あの感覚が再び、といった感じです

ここまで書くといいことばかり書いていると言われそうですので弱点も1つ書かせていただきます
それは、走りです。
ロッカーがあって、ノーズがワイドで、コンケーヴが広く深いとなると、走りが良いわけがないですよね
その通りです。
その部分は、乗り手の技術でカバーなんですね。
つまり、パワーゾーンを外さないサーフィンができれば解決できるんです。

このボード、第1号は、ロングボード歴10年弱
色々なタイプのボードに乗り継いでいて、Bar Of Soap も乗りこなす女性がご購入されて、
いい感じに乗っていただいています
彼女いわく、「毎日楽しいです」 って言っていただいています。
見ていても本当に楽しそうです。

このRachel Tillyモデル今後も続々入荷しますが
現在、在庫1本あります。
こちらをチェックしてみてください。
http://shop.hobie.jp/?pid=75965366

個人的には、私も非常に好きなタイプのボードです!
ROSEも欲しいし、Rachelも欲しい。
乗りたいボードだらけです

Masa
関連記事

Tag: info