WETお手入れ3種の神器

朝一番はナミも残りいい感じ!
10時には予想されていたオンショアでグチャ。
でも春の日差しはかなり強く、昼のスクールでは3ミリでぜんぜんOKでした!

そうなってくるといよいよセミドライをお休みさせなければ!?
知らない方の為に基本中の基本を!
お手入れ3種の神器をご紹介しますよーー!

①基本のWETシャンプー&ソフナー!
extra_wet-shampoo_image.jpg
特に起毛素材のセミドライはその起毛についた汚れで空気の入る層がなくなり保温性が大きく機能が低下。
そんなことがないように洗ってあげるのはかなり重要なのです!
そしてソフナーに漬けることで柔軟性を回復させラバーの保護をします。
毎回ではないにせよ数回に1回は洗ってあげることは重要なのです!

②WET専用ハンガー!
img60477491.jpg
WETはゴム素材でできていてセミドライとなれば自重もかなり重い。
一般の幅広ハンガーだと・・・
kata.jpg
このように肩にテンションがかかりいずれそこからひび割れを起します。
しかもこのハンガーは、開閉式になっていますので、ノンジップ系のWETでも首を無理に広げることなく使用できるスグレモノなんです!!

③WET専用カバー
51EASUIYdBL.jpg
WETは乾燥に弱い!!
乾燥はお肌と一緒でひび割れの原因になります。
適度な湿度に保つのは重要なこと!
このカバーならメッシュ生地に保水効果があり、適度な湿度に保ちます。
そしてシーズンオフに余分な紫外線も劣化のを早めます。
紫外線をCUTして長持ちさせたいものです!

これを気にしてスーツ等のカバーを代用するのはやめましょう。
長期間(夏の間)そのままにするとWETとカバーが張り付いてしまう可能性があります!


専用カバーは内側もメッシュ加工でその張り付きを防止しています!

高価なWETスーツ!
しかも着る期間も長いセミドライ。
少しでも長持ちさせたいものですね!

それでも、そろそろ買い替え時のあなたには!
wetof2014sp.jpg
3月中が大変お得!
春夏用のWETチェックをお願いしまーーす!!

TUN
ロングボードサーフィンスクールならHOBIEです!
関連記事