Positive Force Twin

Positive Force
それは、1970年前後の HOBIE の実在したモデルの名前です
Mickey Munoz と Terry Martinが共同で開発したモデルです。
そのモデルが、Terry Martinのガレージから出てきたんです
それがこれ
166753_487602741306536_1974069957_n.jpg
テイルに隆起したバンプを持つこのボード
これが、当時のそのものなんです。

これを Terryの息子である、Josh Martinが、忠実に再現したのが
これです
IMG_2287123.jpg

IMG_22881234.jpg

このボード、厚さが3 3/4" というから驚きですよね
普通のクラッシックロングボードでも3”前後、 かなり厚いロングでも 3 1/4"
にもかかわらず 5'8"という長さで 厚さが 3 3/4"
異常です。
かなりの厚さです。
この厚さから、浮力は十分すぎるほどありますので
とにかくパドルが楽ちんです。
幅も 22 1/2" ロングボードと同じです。
なので、テイクオフもすいすいです。

ですが、レイルは、ダウンレイルでかなりテーパーされてるので
レイルもはじかれずに、しっかり入るようになています
20131226_180943.jpg


このボードで特徴的なのはテイルのバンプ
20131226_181014.jpg
デッキパッドなど無かった時代に、今のデッキパットと同じとを考えていたんですね。

FINは Bar Of Soapに比べと、だいぶ細いタイプが付いているので
Soapよりも、動きはいいです

ということは、パドルが楽で、テイクオフが早く
そして動くという事は、いいことづくしですね。

現在この写真のボード一本のみ在庫しています。

楽して未開ボードに乗りたい方は是非!!

Masa







関連記事