Donavon Single インプレッション

DONAVON来日の興奮冷めやらぬ今日この頃ですが
Donavon Single モデルのインプレションをご紹介します
dono decal


私が降ろしたのは、SINGLEモデルの6’6”です。
ちょっと長いですが、チャレンジしてみました。
single outline


Donavonの体格写真で見ました?
かなり大きかったですよね。
あの体格をサポートするには、やはりちょっとファットなボードになるんですね
Donavonの各モデルは結構浮力があります。

そして、このシングルの6’6”は必要以上に浮力があります。
こんな感じです
single rail

乗り心地はと言うと、
まずは、浮力があるので、パドルが進む進む。
すいすい進みます。
長さがあり、厚さがあり、ロッカーが少なく、ノーズが細め、ということで、
進む性能が、非常に高いです。
これなら、パドルに自身がない人でも、心配ありません。

この進み具合が、ちょっと厚めの波でも、追いかけて、
マッシーなセクションからテイクオフができるんですね。
そうすることで、クローズセクションからの余裕のないテイクオフではなく、
緩やかな斜面から、余裕を持ったライディングのスタートが出来る感じです。

そして、走りですが、浮力のせいか、厚めのところも走れてしまいます。
ですが、逆に、ほれ気味のチュービーなセクションは、レイルを入れるのに
ちょっと苦労する感じがします。 体重が必要ですね。
厚めなのほうが得意のようです。

そしてターンですが、シングルフィンの割に、テイルが少し張っているため
テイルに乗ることができるので、思ったよりも、動きます。
レイルの入れ替えも、思ったより、スムーズで、
カットバック等も、思った以上に楽です。
ただ、あまり厚いセクションを走っているときに、前荷重をして、走らせているときに
テイルを踏めていないと、そうはいきません、
ノーズの向きが変わらない、アップスンダウン的な シングルフィンらしい動きになってしまいます。
足の位置が非常に重要です。
これは、どんなボードにも言えることですが、特に長めのボードに乗るときは
気をつけなければいけませんね。

全体的には、非常に乗りやすいボードです。

長さの選択は、浮力がある分、短めの選択でも良いのではないかと思われます。

Donavon特有の ソウルアーチボトムターンを決めたいですね。

そして、DonavonのCDが入荷しました。
HOBIEでもご購入可能になりましたので、
是非!CD& サイン入りボードをゲットしましょう!
donavon_cover[1]
Glow20Exterior20small[1]
DONAVON-FRANKENREITER-REVISITED[1]


IMG_6429.jpg


Masa
関連記事