THE INNOVATION OF HOBIE その1

それは2012年5月のこと。
Terry Martinの訃報でCAに駆けつけたときのことです。
Dana Pointのお隣 San Clementeにある。
SURFING HERITAGE FOUNDATION (日本語で言えば、サーフィン博物館といったところです)
で「THE INNOVATION OF HOBIE」というイベントをやっているから見に行かないと損するぞ!
とHOBIEのみんなに言われ、行ってきました。
するとそこには、HOBIEの全て、いや、サーフィンの歴史の全てがありました。
entrance2.jpg
「The Innovation Of HOBIE」=「HOBIEの技術革新」です。
entrance2 (1)
そして中に入っていくといきなりやばいです。
HOBIEのダイアモンドのサインそして横には5STRINGER HUGE NOSE BLOCKのバルサのボードが。
entrance3.jpg
そして更に進んでいくと、何やら貴重なヴィンテージボードが見えてきました。
これらは、ただの古いボードではなく歴史的意味が非常に大きい、歴史的遺産でした。

ここからみなさんにその全てをご案内します。


まず最初に目に飛び込んできたのがこれですなんじゃこりゃ。
と思い解説のPOPに目をやるとなんと、HOBIEが初めて削ったボードだそうです。
なんと、のっけから、ものすごいもの見てしまいました。
hobie-first-broken-board.jpg
1950年にHOBIE ALTERが DANA MONAHANという人に削った。
初めてのサーフボードとのこと誰かに、グラスをはがされ、カットダウンされ、なんとリシェイプされているのですが紛れもなく、最初に作ったボードだそうです。
どんな形であれ、そんなものが、存在して、目の前にあるということが、信じられないことです。
ミラクルです。
DANAさんがサーフィンミュージアムに寄付してきたそうです。
その方ももうだいぶお年だと思います。
hobie-first-broken-board-fi.jpg
FINもこんな感じで、ブロークンです。
それにしても、このボードこんなにボロボロでも歴史的にものすごい価値があるんです。
それだけHOBIEってすごいんです。
1950年だから、このボードもこの時62歳ですね。
のっけからこんなボード魅せられて、かなりエキサイトしました。


そして順路を進むように、次へいくと、次に出てきたのは、これ、MALIBUCHIPです。
malibu-chip-board.jpg
1950年だ中頃に、作られたものですTylerWarrenが削るMalibuChipもここからインスパイアーされたんですね。
malibuchip-hobie-first-logo.jpg
そしてこのMALIBUCHIPのテイル部に施されているデカールはこれです。
これはHOBIEが 初めて作ったロゴだそうです。
ラバーで作ったスタンプだったんです。
HOBIEは、このスタンプで、100本あまりのボードを制作したそうです。
それは、まだシリアルナンバーをナンバリングする前のことだそうです。

次に展示していたのがこちらMAKAHA MODELです。
makahamodel.jpg
このMAKAHA MODELは1953年~54年に作られたもので、WOODY BROWNにインスパイアーされたものだそうです。
ノーテイルロッカーで、ハードレイル、ラウンドボトムというHAWAIIの波用にけづられたものたそうです。
この頃からハワイを攻めていたんですね。すごいです。
しかもGUNですね。
fist-shop-setumei.jpg
そして、となりに展示していたパネルがこれです。
1953年、HOBIEが DANA POINTにSURFSHOPを作った時の様子の写真です。
これは南カリフォルニアで初めてのサーフショップとなり、Phil EdwardsやRaynolds Yater, Gordon Clark などが
働いていたのです。
ショップとファクトリーが併設していたそうです。
この頃はまだ、フォームがなく、バルサ材を削ってシェイプしていました。
clarkfoam-blanks.jpg
そして、これが最初のクラークフォームです。
HOBIEで働いていた、Gordon Clark とHOBIEは1958年 FOAM素材の開発に成功します。
そして、HOBIEは、これを世界に広めるために、
Gordonに フォーム会社として、独立させます。
あえてHOBIEの一社独占にしないで、グローバルスタンダードを作り上げたのです。
clark-foam-factory.jpg
これが当時のクラークフォームの工場だそうです。
これが2005年まで、世界で最も愛されるブランクスだったことは記憶に新しいですね。
写真の人はゴードンクラークです。


内容が濃すぎる記事なのでゆっくり3回に分けます。
何度も何度も読み返してください。
でわ近々、、、

MASA
関連記事