お肌の敵を知ろう!!!

GWも終わりどんどん陽射しが強くなってきましたね。
女性はお肌対策しなきゃですね!
今日はお勉強です。
眠くなっちゃいそうな文章ですが、詳しく書いてます。
ガンバッテ読んでね!!

(太陽光)紫外線には普段浴びている紫外線のほとんど、約90%以上は紫外線Aで、1年中、また波長が長いため気候、雨、曇りなどに関係なく地表に降り注いでおり、紫外線の中ではもっとも悪影響が少ないといわれています。有害性が弱いとはいえ浴びた時に活性酸素を発生させる力は紫外線Bよりも強いと言われており、さらに紫外線Aは真皮まで届き、お肌のハリ、弾力に大切な「コラーゲン・エラスチン線維」を切断させ、シワ、たるみの原因になってしまうので(光老化)、いくら有害性が弱いとはいえ浴びる量が多くなれば美容に悪影響が出てくるので注意が必要です。またこの紫外線Aが、肌の色を黒く(褐色)するメラニンを作りだし、メラニンが紫外線からお肌の細胞を守ってくれるのです。

紫外線Bはオゾン層によって吸収されるため地表には届かないのですが、近年オゾン層の破壊が進み地表にも少し届いており、紫外線Bに最も気をつけなければならない季節は夏場の晴天時です。
またこの紫外線Bは紫外線Aと違いお肌の表皮までしか届きませんが、その有害性は紫外線Aの100~1000倍強いとされており、シミ、シワ、肌の乾燥などの美容に悪影響があるだけでなく、免疫力の低下、皮膚がん、白内障などの病気と深く関わっていることも分かっています。
ちなみに太陽光を浴びて一時的にお肌(皮膚)が赤くなったり、痛くなったり、水ぶくれが出来るのはこの紫外線Bが原因です。


そして日本では5月頃が最も紫外線量が多いといわれていますが、それは紫外線Aのことで、紫外線B(Aよりも100~1000倍有害性が強い紫外線)は真夏の7月、8月のほうが多いことが分かっています。もちろん日によっては5月、6月のほうが7月、8月よりも多い日はあります。時間帯は正午前後(午前10時~午後2時)が最も多く、この4時間で1日に降り注ぐ紫外線の約50%以上~を占めていると言われています。逆に日の入り、日の出付近はかなり少ない。ただ目に入る紫外線は逆に朝、夕方のほうが多いとも言われています。そこでもう一つお勉強です。
もう少し!目をさませーーー!

日焼け止めのSPF・PAって?

SPF(Sun Protection Factor)とは、紫外線防御係数(サンケア係数)のことで、具体的には肌を赤くしたり(サンバーン)、皮膚癌の原因となる紫外線B(UV-B)をどれほどの時間防いでくれるか?といったことを数値化したものです。ただ1人1人、日焼けするまでの時間は違いますので、SPFの数値がいくらだからといって一概に「何時間、紫外線Bを防いでくれるとはいえない」のです。
PA(Protection grade of UVA)とは、主に肌を黒くしたり(サンタン)、しわ、たるみ(光老化)の原因となる紫外線A(UV-A)をどれほど防いでくれるか?を「+」表示されており、 PA + PA++ PA+++ の3段階に分かれており、「+」表示が1つよりも2つ、2つよりも3つのほうが、より紫外線Aを防いでくれるということです。

そこで私が最近愛用している紫外線対策グッズをご紹介いたします。
2年前から使っている日焼け止めですが、SPF48,PA++で、汗や水に強いウォータープルーフ!
そして絶大な保湿力。代表的な美容液成分のコエンザイムQ10・ビタミンC・ヒアルロン酸・アルブチンはもちろん、ダイズ油やノーベル化学賞を受賞したフラーレン(老化防止)も配合なんです。
カラーの方も3パターンもあり、肌の色に合わせる事ができます。私はその上にファンデーションを重ねています。
いろんな日焼け止めをためしてみましたが、コレが一番効果大です。(個人差があると思われます。)

そして今年はもう一つキャップを使用しています。少し視界が狭くなりますが、これもまた効果的です。
キャップよりハットの方が視界は広くなるようです。(お好みで。。。)
会社勤めの方は手の日焼けに困りますよね。それには日焼けよけグローブもあります。

IMG_5204 (400x300)

ながーーーくなりました。
他にも沢山の紫外線除けグッズがそろっております。
これからの時期紫外線対策をきちんとして楽しくサーフィンしたいですね!

V子



関連記事