Corky Carroll Super Mini 乗りました! インプレッション書いてみました

新しいモデルが到着して、David Ewardsも 最高に調子よく
そして、短板ではBulletも楽しすぎ、
忙しいサーフィンライフを送っておりますが
やっとのことで、ここにたどり着きました

Corky Carroll Super Mini モデル

DSC05462.jpg
DSC05465.jpg

DSC05454.jpg


写真

昨日、今日と、この子にしっかりと乗ってきましたので
インプレッションを書かせていただきます
試乗ボードのスペックは下記の通りです

8’1”*21 3/4" * 2 3/4"


元々、このモデルは、1960年代後半のどんどんサーフボードが短くなっていった時代
そう、いわゆるショートボード レヴォル―ションの真っただ中に発表されたモデルです

1967年には Corky Carroll Mini モデルが HOBIEよりリリースされましたが
Miniと言いながらも、まだまだ9’を超えていました。
それまでが9’6~10’のロングボードが中心だったので
9’でもMiniだったのでした

そして、その翌年1968年に発表されたのが、もう一回り短い Super Mini モデルだったのです
長さのレンジは8’前後 ということで、
大分短くなってきました。

アウトラインはPIG形状、ボトムデザインは ハル形状~Vee と非常にクラッシックなアウトラインを形成しているのですが、
レイルがソフトながらも60/40と、扱い易さを出していて、ダウンレイルの誕生前夜を思わせる感じです。

さてライディングのインプレッションですが
二日間 初日は 腹から胸前後のオンショア残り波
そして翌日はヒザ 面は良し
こんな感じでした。
この二日間で全く違う性能を感じ取りました

まずはハラムネのミドルウェーブでのインプレッションです。

全体のイメージとしては、何となく表示長さよりも短いボードのような感覚で乗れました
つまり、ノーズが細いせいか、波のパワーゾーンを使って走る感じのボードです
そして、テイクオフもあまり厚いところでは走りださないですが
すこし掘れるセクションに差し掛かると一気にスピードビルドしてきて、
PIG形状の優位性であるテイルから押されて来る感じのテイクオフがなんとも気持ちいい感じです
そして、ロッカーが非常に少なくフラットにもかかわらず、ノーズが細い分
パーリングすることなく、掘れるセクションからのテイクオフが、非常に楽にできました。
気持ちいいです。

そして、ボリュームのバランスが凄くテイル寄りに有るので
立つ位置が結構後ろに自然になります。
それでも走ってくれます
そして、テイルに乗れるからこそ、ターンが非常に切れます
ノーズが軽いので、アップスン的な動きも非常にしやすく、
ボトムからトップへ向ける時も、トップで板を返す時も、
8’には思えないくらいの切れのある返り方でした。
ワイドなテイルの角が引っ掛かり、そこを中心に一気に返る感じです
ということで、テイルサーフィンが非常にしやすいボードです。
プルアウトの切れも半端ではありませんでした。
まさに思った以上に SUPER MINI な感じを受ける印象でした。
ショートボード的にいえば、8’も長さがあるのに、非常にコントロールしやすく
長さを感じないボードでした。


そして、翌日、波はがらと変わって、面ツルのヒザ波、
湘南特有な感にです
このような波の場合、厚いところからパドルして、ゆるーいセクションでテイクオフ出来ました。
このような波で乗ると、ミッドレングス的に言うと、8’という長さのメリットを感じます。
そして、走りは、やはりそんなに前に立たなくても走ってくれます。
ただ、ミドルウェーブの時のように、足の位置固定でしっかりとしたターンが出来るかというと違いました。
ボードを返す時はテイル寄りに下がり踏み込むと、テイルがひろいので、しっかりと踏み込め、
ロングボードのターンのようにクラッシックなターンになりましたが、ロングに比べると振れ幅が非常に大きく返せます。
そしてターン後は、やはり少し前方にウォーキングして加速する感じで、
前日の事を考えると、この日は思った以上にロングボード風に乗れるボードだと感じました
そして、波が掘れてくると、ハングファイブで走らせることも全然可能です。
フェイドターンをしてみましたが、フェイドターンが物凄くシャープに決まります
短いのにテイルを踏めるデザインなので、一気に、鋭角的に返っていきます。
その後二歩歩いて加速してもう2歩歩いてチーターファイブで走らせ、持ってテイル踏んでカットバックというような
所謂ロングボードのスタイルで乗ると、いい感じにコントロール出来ました。
というか、8’なのに、それが出来ることに驚きました
これは、ノーズが細く安定感が無いようなデザインに見えますが
テイルのボリュームでボードを安定させてくれている感じが非常に強かったです。
つまるところ、小波では非常にロングボード風に乗れる、ボードでした。
言い方を変えると、ロングボードより不安定な上でウォーキングの練習をすることで
ロングボードのウォーキングが上手くなるのではないかと思います。


ということで、そこそこ波があるときはショートボード風に乗ることができ
小波の時はロングボード風に乗ることがでいるという
非常に魅力的な、マジックボードでした。
一本で2度も3度も美味しい感じがします。
病みつきになってしまいそうです。


そして何よりも、ロングボードより、確実に持ち運びしやすいです。
なので女性にも人気が出そうな予感がします。



今年のニューモデルは、このSUPER MINI といい
David Edwards といい、Bulllet とい
サーフィンを、また面白くさせてくれるモデルがそろっています

忙しいです。


Masa


TES2018SPRING第2弾&花井裕介デザインCAP入荷!!

オンショア吹き荒れる湘南。
サクラもすっかり散ってしまいいよいよ春本番ですね!!
明日は朝のうち風も弱まりなんとか遊べるコンディションになる事に期待しましょう!

さて、店頭には春の入荷が続々と、、、
DSC07249.jpg
DSC07247.jpg
DSC07249.jpg
TESからはチェーン刺繍の高級感あるティーシャツの入荷です!
鮮やかなカラーに、立体感が加わると主張がハンパじゃありませんね!
DSC07263.jpg
DSC07274.jpg
DSC07276.jpg
レディースは、昨年から大人気のボディーに刺繍しました!!
メンズ5500円、レディース5000円と刺繍なのにこんなに安いの???
コスパにも優れてて、気兼ねなくヘビロテしてください!!

IMG_9065.jpg
IMG_9073.jpg
SURF ARTの日本代表とも言える”Yusuke Hanai”でサインです!
カラーバリエーションも豊富でお気に入りをGETしてくださいね!!

明日もHOBIEですね!!
オンラインショップからもよろしくお願いします。

TUN
ロングボードサーフィンスクールならHOBIEです!

ニューモデル他、ニューボード到着です!

低気圧の通過に伴うウネリでサイズアップした湘南。
オンショアも強まらず1日を通して遊べていました!
、、、にも関わらずお客様にお手伝いいただきまして無事に開梱終了!!

今回も素晴らしい入荷となりました!!

ニューモデル「CORKY CARROL Super Mini」
IMG_8876.jpgIMG_8877.jpg
IMG_8874.jpgIMG_8899.jpg
この風格!
もう、ミッドレングスの王様とも言える素晴らしいボードです!
オレンジ8'0
ブルー8'1"
イエロー7'11"


2018TW一押し「DAVID EDWARDS」デビッドエドワーズ
IMG_8884.jpgIMG_8860.jpg
めちゃカッコいいカラーが入荷です!
両方9'6"


TWニューモデル「BULLET」バレット
IMG_8889.jpgIMG_8866.jpg
SOAP+DREAM FISH???
その実力は未知数です!!
オレンジ5'6"
クリーム5'8"


DEADLY FLYNG GLOVE bonzer(デッドリー フライング グローブ ボンザー)
IMG_8894.jpgIMG_8869.jpg
IMG_8870.jpg
グリグリのボンザーボトムでカッ飛びサーフィン!!
DEADLY+BONZER!!これぞ70年代!!!!



BAR OF SOAP(バーオブソープ)
IMG_8864.jpgIMG_8862.jpg
オリジナルサイズのCOOLなクリアー4'11
イエローティントの5’2”FISHの2本入荷!!



DREAM FISH(ドリームフィッシュ)
IMG_8891.jpgIMG_8893.jpg
ついに複数本の入荷を果たしました!!!
ヤバイアーミーグリーンが5'8"
アイスブルーが5'9"



BOMBER(ボンバー)
IMG_8855.jpg
クリアーにレッドのカラーフォームが冴え冴えの9'6"


ONE FIN PIN2(ワンフィンピン)
IMG_8878.jpg
大人のアイボリー9'6"


UNCLE BUCK2(アンクルバック2)
IMG_8883.jpg
IMG_8882.jpg
新しいデザイン!!
その名もグロス&サンド!!!
サンドフィニッシュとグロスフィニッシュでデザインしてしまう斬新な手法!!
グロス部分がキラッと、、、
なにこれ???と目を引くこと間違いなしですね!!!!


こんな充実の入荷でした!
御来店、お問合せお待ちしております!!!

TUN
ロングボードサーフィンスクールならHOBIEです!

2018初入荷!!

オンショアに乱された物足りないコンディションの湘南。
こんな日はやけに風が冷たく感じるものですねーー。

さて、そんな冷たい風の中、開梱作業は順調に進みました!
今回少量入荷ですが、人気モデルをしっかり押さえた内容です!
DSC05190.jpg
欠品の続いていたMICKEY MUNOZ N/R(ミッキームニョス)!!
神様ムニョス様、御存知最強テークオフモンスター!
ケルプカラーで高級感もMAXです!


DSC05185.jpgDSC05177.jpg
大人気CIRCA71TWIN(サーカ71ツイン)
御希望の多かった6台をクールなカラーで2本入荷です!!


DSC05167.jpg
王道ミッドレングスのRETRO EGG(レトロエッグ)
アーミーグリーンが渋い7'6"!!


DSC05158.jpg
DIAMOND(ダイヤモンド)9'6"
バーガンディーのサンド仕上げ!
文句なしのオーラを放っております!!!


DSC05153.jpg
お待たせ致しました!!!
BOMBER(ボンバー)9'6"
シャープなノーズでガッチリノーズできるマジックノーズライダー!
白のピグメントは、文句なしカッコいいです!


DSC05148.jpg
LONGBOARD LIKE!!
安心の1本は、SLUG7'10"!!
チョコレートカラーは◎!!

今回この7本!!
ぜひ、店頭でご覧下さい!!

TUN
ロングボードサーフィンスクールならHOBIEです!

2018 New モデル デヴィッド・エドワーズ テストライドインプレッション

先日の続きです。
前回は、2018年 Newモデル デヴィッド・エドワーズを細部に渡って解析しました。
今回は、実際に乗ってみての感想を書きたいと思います
DSC0396411.jpg

前回ご説明したように、このモデルは、David Nuhiiwaと Phil Edwardsという2大ヒーローから
タイラーがインスパイアーされ、開発したモデルです。
つまりNuhiiwaのノーズ性能と、Philのスピード&グライド という相反する性能を一つにしてしまったという
物凄い事をタイラーはやってしまいました。
しかし、どちらかの性能が強く出過ぎると、難しいボードになってしまうという危険を犯しながら
タイラーはあえて挑戦したのです。

DSC04229.jpg
個人的には、HOBIEには今までなかった深いコンケーヴ、そして、最近には無かった強めのノーズロッカー。
ここがどうも気になり、今までの経験上、アンクルバック1の時のように走らないんじゃないか、テイクオフが遅いんじゃないか
難しいんじゃないか、という思いを乗る前に非常に感じていました。

ドキドキして、パドルアウトすると、予想に反し、パドルが進む、進む、
通常、コンケーブが深くてロッカーがきついボードは非常に前に乗ってパドルしないと走ってくれない事が多いのですが
なんと、全く逆で、少し後ろ目に乗っていてもすいすい走ってくれました。
パドルした瞬間感じたことはノーズが思ったよりも細い、という感覚でした
つまり、PIG 風なアウトラインが、見た目以上に強かったということです。
アウトラインで言うとノーズに抵抗が無く、後ろから押されやすいという形状になっていて
それが、ロッカーとコンケイヴの抵抗を勝っていました。
なので、心配していた、進まない感は全くありませんでした。
やっぱりタイラー凄いです。

そして、テイクオフですが、先程の説明の通り、クラッシックアウトラインのスピード性能がロッカーと深いコンケ-ヴの抵抗にまさっているため、
パドルスピードも得られ、まったく苦労することなくテイクオフできました。
ぜんぜんテイクオフ遅くなかったです。本当です。
なのにロッカー感が多少あるためか、掘れ目のところからでも難なくテイクオフがスムーズに行きました。
言う事なしです。

そして走りはというと、普通にテイクオフした足の位置で走っているときには、全くブレーキ感や減速感はなく
つまりコンケーヴの感じは全く感じず、フィル・エドワーズモデルや、レトロクラッシック、レガシー、レジェンド、HOBIE クラッシックなどのようなクラッシックタイプのボードの走りに非常に近く、
スピードは速く、動きが非常に滑らかで、グライド感がたっぷり味わえました。
ゆるい感じののんびりクラッシックボード風です。こっちの感覚の方が強いのかな、と思いました。
つまり、良い感じのロッカーがコンケイヴの部分を浮かせてくれて、クラッシックアウトラインと、薄めのレイルが、スピードを与えてくれる
こんな感じです。
そこまでは、気持ちのいいグライドが得られるリアルクラッシックタイプのボードでした。
上記の延長で、ターンの時にテイルに思いっきり下がって踏み込む必要が無いので
何となくイージーにコントロールできる、乗りやすいボードだな、と感じました。
勿論テイルを踏み込むと非常によく動く、特にプルアウト時にテイルを踏みすぎると、
非常に鋭く返っていく感じでした。
とにかく動きは良いです。
なので、長さをあまり感じませんでした。

そして、その後、ウォーキングしてノーズに近づくと
最初はたるい波でアプローチしたので、ここでコンケーヴを非常に感じました。
やはりここで、ブレーキが掛かり、失速しました。
やっぱりか、、、 と思いました
このタイプのボードは少しほれ気味のセクションでノーズにアプローチした方がいいです。
それを考えて、もう一度、少しほれ目のセクションでアプローチすると
やはりノーズに近づけば近づくほどコンケーヴを感じ、すこしほれ目のセクションでは、
ボードがスピードが付きすぎてピークを外れてしまうところをコンケーブがスピードを抑えてくれて、
パワーゾーンにとどまり続けるのです。
そして、コンケーヴがすいつくように長い時間ノーズライドか可能でした。
それも物すごく前方に加重をしても、ノーズがぶれない感じです。
これが、デビッドの部分だ、 と確信しました。
タイラーは凄い事をやってしまった。  そう確信した瞬間でした。

いわゆるノーズライダーは安定感がある代わりに、抵抗が大きく走りが悪い、そして動きも悪い
そして、クラッシックのグライド系、スピード系のボードは、早くて、動きが良い代わりにノーズライディング性能が悪い
この二つの悪い部分を払しょくし、ノーズライダーなのに、早くて動きがいい。
または、クラッシックのグライド系ボードなのに、ノーズライド性能が非常に高い。
タイラーはこんなボードを作ってしまったのです。

前日も書きましたが、ローズやボンバーが発表された時も、スピードはでそうでしたが、ノーズに行きにくそうな形をしていたのに
実際に乗ったら、非常にノーズ性能が良かったですし、
サリナスの時も見た目はノーズは良さそうだけど、動きは悪そうだったのに、乗ってみたら動きも良かった。
と、毎回、毎回タイラーのシェイプには驚かされますが
今回もまさにそうでした。天才タイラー・ウォーレンにやられました。

デヴィッド・エドワーズ。 見た目以上、想像以上、予想以上の乗り味です。
簡単に言うと、楽に楽しく乗れるグライド系クラッシックボードなのに、ノーズライドも最高!
そんなご機嫌なボードです。
これはロングボーダーのかゆい所に手が届く強い味方になること間違いなしで
広く受け入れられることになると確信しました。


一つ気付いた部分を追記します
コンケーヴがこれだけ深いのに走る理由の一つかもしれない事を
下の写真を見てください
25488809_1469104443206468_1554692223_n.jpg
横方向にスケールをあてると、こんなにコンケーヴが掘れていて、抵抗が激しそうに見えるのですが

25488592_1468830106567235_554750216_n.jpg
このように縦にスケールを置いて見ると、
なんと、一番コンケーヴが深いところが、非常にストレートで抵抗がなさそうに見えませんか?
そうなんです。 このコンケーヴを入れることで、ストリンガー沿いの部分のロッカーを打ち消して、
水を流しているんです。
これはMicky Munoz 大先生に習ったんだと思います。


ということで、2018年ニューモデル デヴィッド・エドワーズは
間違いありません。
ネーミング通りの凄いボードです。


Masa

オンラインショップへのアップ完了です!
詳細や価格はこちらから御確認ください。

HOBIE 2018 ニューモデル、デビッド・エドワーズ By タイラー・ウオーレン 徹底解析

今年は例年と違い、2018年のニューモデルが早々に日本に上陸しました。

そのニュースのブログをみて、この週末は多くの方がニューモデルを見せてくれ
と、ショップに押し寄せました。
皆さん口をそろえて、
「ん~~~~、これはいい。」
「ん~~~~、乗りたい。」
「ん~~~~、次のボードはこれだな~。」
「ん~~~~、参った。」
「ん~~~~、またやってくれましたね~」
「ん~~~~、欲しいボードがまた増えた~」

と唸りながら、ボードをなめるようにして、見て、触って、
盛り上がって頂きました。

遠方の方や、お忙しい方で、まだご来店出来ていない方に
タイラー・ウォーレンの渾身の2018年モデル
デビッド・エドワーズを徹底解析 させていただきます。



まずはネーミングから、そそります
”デビッド・エドワーズ”
これは、タイラー・ウォーレンがイメージするところの、
デビッド・ヌイーバ と、フィル・エドワーズのイメージを
混在させたようなイメージングからのネーミングなのです。
そういわれると、そそられちゃいますよね。
ただ、これはあくまでも彼のイメージですので、
コピーなどとは全く違いますので、ご注意ください。

そして、アウトラインです

DSC0396411.jpg


こんな感じで、激しくはないですが、PIGGY アウトラインを採用しています。
つまり、ノーズが少し細めで、真ん中よりテイル側に幅がある感じですが
そこまで激しくはしていません。
そこはタイラーらしく、やりすぎない感を出しています
これは他の部分の性能を打ち消さない程度で、なのに、PIGの良さを取り入れているかんじです。

そして9’6”でのサイズ感はこんな感じ

DSC04217.jpg

9'6"*23"*2 7/8"
一本一本違いますが、どれもこの数値の前後です。
クラッシックボードとしてはスタンダードかなと思います

そして、このモデルを持ってみて、まず感じることは、
レイルが薄い、と感じます。
ノーズからテイルまで、ピンチな50/50レイルです

レイルの写真をノーズ側からテイルに移動しながら写しました

DSC04219.jpg
ノーズ付近
DSC04220.jpg

DSC04221.jpg
センター付近
DSC04222.jpg

DSC04223.jpg
テイル付近
DSC04224.jpg



このレイル、センター厚は2 7/8"と考えると、レイルは結構薄めになっているのが分かると思います
このレイル、どこかで触った覚えがありありです。
そうです、テリー・マーチンのレイルにそっくりです
そうです、あのテリーさんのシャープで無駄の無いレイル、心地よいな触りごこち
テリーさん最盛期の、レトロクラッシック、レジェンド、レガシーのレイル感にそっくりです
良い感じです。
レイルが入りやすく、抜けにくい、そしてスピードにつながるレイルです。


次にボトムを見てみましょう

ボトム面にスケールをあてて、ノーズ側から移動していきます

DSC04228.jpg

DSC04229.jpg

がっつりと入ったノーズコンケーブです。
ここが、タイラーがイメージするところの、デビッド・ヌイーバ風なところです。
久しぶりのがっつりコンケーブ!
いままでのHOBIEのモデルの中で、最大のコンケーブだと思います。
このコンケーブが入っているので、ノーズライディングの安定感は抜群です。

DSC04230.jpg

DSC04231.jpg
ここが、ほぼボードのセンター付近です

DSC04232.jpg
そして、コンケ-ヴがボードのセンター付近で終了した直後、
ご覧のようにコンベックス(いわゆるロールドVeeボトム)が始まります
フラット無しの、コンケーヴからの~即 ロール。
DSC04233.jpg

DSC04234.jpg
結構ロールしています

DSC04235.jpg

このままのロールでテイルまで抜けていきます

このロールドVee もテリー・マーチンのシェイプの生き写しのようです
レガシーやレトロクラッシックのあれです。
つまり、テイルを踏まなくてもコントロールしやすい
グライド系のディテールです。

ということは
ヌイーバのようなノーズライダーと、フィルモデルやレガシー、レトロクラッシックのような
グライド系のボードをくっつけてしまった感じなのです。
タイラー、やってくれました!!
凄いです。



そしてロッカー感も見ていただきましょう。
こんな感じです

ノーズから
DSC04227.jpg

テイルから
DSC04225.jpg

真横からです
DSC03987.jpg


タイラーのシェイプの中では、ロッカーがあります
テイルはSalinasや One Fin Pin のようなキックテイルになっていますが
ノーズのロッカー感が全く違います
タイラーシェイプで言えば、オールラウンダーのようなロッカー
他のモデルで言えば、レガシーのようなロッカーでしょうか



通常、これだけロッカーがあって、コンケーヴがこんなに深いボードは
走りが悪い、とか、パドルが進まない、とか、
テイクオフが大変だ、とか、言われています
しかし、そこはタイラー・ウォーレンを天才と言わしめる何かが
ここにはあるのです。

たとえば、ローズやボンバーのデビューの時、見た目ではノーズライディングが難しそうに見えました
しかし、乗ってみると、意外や意外、ノーズが非常にいいボードでした。
また、サリナスのの時も、見た目はノーズはいいが、動きが悪いんじゃないかと
思うようなディテールでしたが、乗ってみると、意外や意外、ターンも想像以上に良かったです。
そこのあたりが、タイラーをシェイプの天才と感じさせる部分でしたので
このボードも、何か隠されているはず。
たしかに、水を流すスピード性能と、ノーズライディング向けの抵抗感のある部分とが
混在し、その両者がせめぎ合っているボードとみて取れます
そしてどちらかが強すぎると難しいボードになってしまいます。

そう思いながら、半信半疑、不安と期待に満ち溢れて、
早速テストライドをしてきました・・・・・・・

続きは明日、ご報告します



Masa










2017年最後のNEWボード入荷です!!

久しぶりに1日中遊べる波の続いた湘南。
海もSHOPも賑わいました!
御来店されたお客様に助けて頂き順調に開梱作業はすすみました、、、

今回はTYLER WARRENの新作の入荷があり本当に盛り上がりました!!!
その名は「DAVID EDWARDS(デビッドエドワーズ)」
そうです!
DAVID NUUHIWA
24570-k-bing1st-1.jpg

PHIL EDWARDS
tumblr_inline_oh4mh19LVO1r9e35o_540.png
60年代のスーパースターのシグネチャーモデルのよい所を足してしまうという刺激的なNEW MODELなんです!!!
DSC04074.jpgDSC04078.jpgDSC03982.jpgDSC03983.jpg
DSC03974.jpgDSC03975.jpgDSC03965.jpgDSC03966.jpg
NUUHIWAを彷彿させるガッツリコンケイブ!
PHIL独特の薄いレイル!
センターからボトムにかけて強めのロールドボトムはPIG系の動きを助長しそう!
早く乗りたい、乗ってみたい、欲しい、、、
TYLERはとんでもないコトをしてしまった気がしてなりません、、、


PHIL EDWARDS(フィルエドワーズ)
DSC03956.jpgDSC03949.jpgDSC03941.jpgDSC03933.jpg
グライダーは10'6"1本、他3本は9'6!
これが、本当のPIL EDWARDSです!!!!


UNCLE BUCK Ⅱ(アンクルバック)
DSC04000.jpgDSC04003.jpg
凝りに凝ったアブストラクト9'6
DSC04008.jpgDSC04012.jpg
デッキパッチ、フィンパッチがカッコいい!!9'6"
DSC04018.jpg
綺麗な黄緑色が目を引く9'6"


DREAM FISH(ドリームフィッシュ)
DSC04027.jpg
常に欠品の続くDREAM FISHも何とか1本!
バーガンディーのオサレカラーが入荷です!!5'7"


CIRCA71TWIN(サーカ71ツイン)
DSC04051.jpgDSC04043.jpgDSC04035.jpg
FISH人気に後押しされて、ご高評いただいてるCIRCA!!
レトロなFISHを感じたいならこれです!!
オリーブ5'6"
ブルー5'8"
パープル5'10"


POSITIVE FORCE TWIN(ポジティブフォースツイン)
DSC04094.jpgDSC04086.jpg
モンスターテイクオフ!!
その独特なフォルムで独特の動きは唯一無二!!


DIAMOND(ダイヤモンド)
DSC04056.jpg
クリアーの飽きのこないデザイン!!9'4"



ONE FIN PIN 2(ワンフィンピン)
DSC04065.jpg
綺麗なセージグリーンは9'5"



CORKY CARROLL(コーキーキャロル)
DSC03993.jpg
グレーのカーラーフォームは初入荷!!9'6"


こんな入荷となりました!
詳細は御遠慮なくお問合せください!!

TUN
ロングボードサーフィンスクールならHOBIEです!



2017年ロングボード世界タイトルの行方は?

だいぶ寒くなってきましたが、寒い冬は良い波が来る! と言われているので
寒さ対策をしっかりして、寒さに負けないで行きましょう !

さて、今日はロングボード世界タイトルの話

今年のロングボード世界タイトルはというと、
春のパプアニューギニアでの大会と、先日台湾で行われた大会
この2戦で世界チャンピオンが決定するシステムでした。

昨年のチャンピオンHOBIEのチームライダーの フィル・ラズマンはというと
第1戦は10位で終わっていたのですが
第2戦の台湾では、トーナメントリーダーであるテイラー・ジェンセン を見事下し、
ファイナルに進出し、見事準優勝!
86b16b2d4f274d0e7bd101f0141bef5d[1]

b3f4dbf3082fca2bd765c1e2ee37e990[1]

総合で、4位と大健闘しました。
昨年は世界チャンピオンに輝きましたが、今年の4位というのも
凄いことです。 世界で4番目ですからね。


さて、そして、今年はこのフィル・ラズマンがテイラー・ジェンセンを下したことで
世界タイトルの行方が一時大混乱したのです
なんと、テイラー・ジェンセンとエンデューロ・デルペロさんが、
2戦の総合で同率首位になったのです。
同率首位というのは過去のWSL、ASPの中でもかなり珍しく、2度目だそうです。
そこで、行われたのがサーフオフ。
野球やゴルフでいうところのプレーオフと同じ意味です。

ここで、テイラージェンセンがデルペロを下して、2018年の世界タイトルを獲ったということで
3度目の世界タイトルを獲ったのでした。

d99a9bd1f2b01990bcc09a185f96b20e[1]

この写真の右下で肩に乗せているのはフィル・ラズマン。
テイラー・ジェンセンも元はHOBIEのチームライダーだったので。
フィルも嬉しかったことでしょう。
というよりも、タイトルの圏外にいた自分が
世界タイトルに一番近かったテイラーを負かせてしまったことで
サーフオフまで持ちこんでしまったことが、この瞬間に御破算になって、
さぞ、ホッ としたことでしょう


で、テイラー・ジェンセンがHOBIEチーム時代の秘蔵写真が出てきたので
ポストしましょう

24898846_1459261754190737_566689170_n.jpg


25105874_1459243357525910_211349828_n.jpg


デジカメじゃなくて、DPEプリント時代の写真です。15年くらい前かな
私も若かったですが、テイラーも若いですね。
背が半端なく高くて、すごくかっこよかったんです。
いまもカッコいいか、、
photo by nami です

とにかく、テイラー・ジェンセン おめでとう!

そして、フィル・ラズマンも良く頑張りました!!
この後フィルは、カリフォルニアから、ハワイのノースに向かうのでした。

ちなみに現在フィル・ラズマン・モデル 店頭在庫ございます

DSC01674hh.jpg


こちらからどうぞ


Masa
















ニューボード到着です!!!!

風強いですね!
開梱作業もですが、撮影が大変でした。。。
何度のヒヤヒヤしながら、、、

そんな必至の撮影の成果をごらんください!
今回も盛り沢山の入荷ですよ!!!!

DSC02973.jpgDSC02961.jpg
UNCLE BUCK2(アンクルバック2)
濃い目のブルーとテイルブロック入りのクリアーボランが入荷です!
どちらも9'6"で文句なしのGOODカラーです!!


DSC02950.jpg
BUCKSTAR(バクスター)
バッキーの作り出したオールラウンドノーズライダー!
オールラウンドなボードは欲しいけど、ノーズは捨てがたいんだよなー、、、
と思うあなたにお勧めです!
9’4”の大人なライトグレーです!


DSC03049.jpgDSC02989.jpg
LEGACY(レガシー)
テリーマーチンが作り上げた究極のグライダー!!
今回カラーもヤバイのが入りました!!
ケルプ(海草)が9’8”
セージ(抹茶クリームのような絶妙なカラー)9’6”
メチャクチャカッコいいです!!


DSC03021.jpgDSC03023.jpg
SALINAS(サリナス)9'6"
こちらもなかなかありませんよ!!
パンクな全面アブストラクトをまとっったスペシャルボードです!!!!


DSC03037.jpg
PHIL EDWARDS(フィルエドワーズ)9'8"
入荷後すぐの欠品でお待たせしておりました!
オーソドックスなクリアーは間違いありませんね!


DSC03078.jpg
DREAM FISH(ドリームフィッシュ)5'7"
こちらもいつも欠品で申し訳ございません。
1本だけですが、GOODカラーが入荷いたしました。
お早目のお問合せをお願い致します!


DSC03069.jpg
BAR OF SOAP(バーオブソープ)5'2"
続いても欠品続きの5’前半のSOAP!!
6’前後はご用意があるのですが、大変お待たせ致しました!
赤に赤のFIN!!!ヤバイです!!!


DSC03059.jpgDSC03060.jpg
BONZER(ボンザー)6'0"
タイトなターンが可能な次世代BONZER!!
この魅力にハマるかた続出です!!


DSC03102.jpg
FUNCTION HULL(ファンクションハル)6'8"
鮮やかなマゼンタ!!
見つめると吸い込まれそうなこのカラーはいままでTYLERが一度もチョイスしませんでした!
そういう意味でも激レアな1本でしょう!!


DSC03093.jpg
DEADLE FLYING GLOVE(デッドリーフラインググローブ)7’0
テリーマーチン×コーキーキャロルの傑作!!
大きなスピードに乗ったターンでどんな波もFUNWAVEに変えてしまうマジックミッドレングス!!


DSC03085.jpg
EL HUEVOS(エルウェヴォス)6’0”
DONAVON EGG!!
ななな、、、、なんと!?
スタビ!?、、、反則ですね、、、
より鋭角なターンを手に入れたEL HUEVOS、、、
悪いはずがございません。。。


こんな入荷でした!
詳細はお電話、MAIL、FB、LINEなんでもお早めにお願いします!

TUN
ロングボードサーフィンスクールならHOBIEです!

TYLER WARREN最新動画!!!

ウネリの小さな湘南。
潮の引いている時間でなんとかショートライド程度のコンディション。
今日は肌寒く、いよいよWETを考える時期でしょうか、、、

現在納期は3週間程度
お早目のオーダーをお願い致します。

さて、今日はピックル最新動画。
なんだかちょっぴりゴツくなったTYLER、サーフィンの切れは健在です!!

WEAVING from Visualguyser on Vimeo.



先日入荷のボードのオンラインアップが完了しました。
サムネイルのみですが、、金額や細かいサイズが確認できます。
こちらもよろしくお願い致します


TUN
ロングボードサーフィンスクールならHOBIEです!

お待たせ致しました!ニューボード入荷です!!

大変お待たせ致しました!
ニューボード入荷です!!!!!

まずは速報をお知らせ致します。

DSC01629.jpgDSC01605.jpg
PHIL EDWARDS GLIDER(フィルエドワーズ グライダー)
写真の縮尺が違いますが、左が10”、右は、、、なんと!!!10'6!!
スーパーグライダーの到着です!!!
DSC01659.jpgDSC01612.jpg
PHIL EDWARDSは9'6"が2本!!
中でもブラックパネルの激渋も入荷してきました!!!


DSC01642.jpgDSC01620.jpg
UNCLE BUCK 2(アンクルバック2)は3本!!
クリアーのテイルブロックが9'4"で、綺麗な若草色が9'6"!!
DSC01635.jpgDSC01636.jpg
そして劇的に目を引いたのはこちら!!
デッキパッチも2重になっていて凝ってます!
ボトムのアブストラクトもすっごくカッコいいですよねーーー!!


DSC01650.jpgDSC01674.jpg
BUCKSTAR9'6"はマンゴー!!
フィルラズマンもお待たせしておりましたが、入荷しましたよ!!!


DSC01762.jpgDSC01684.jpg
RETRO EGG7'6"のアーミーグリーン!!
お待ちかねFUNCTION HULL7'2"!こちらも渋いブラウン!!!!


DSC01689.jpgDSC01692.jpg
カワイイ!!
超カワイイ!!
SLUG(スラッグ)7'11"は女性に優しいサイズ感とカラーが魅力ですね!!


DSC01747.jpgDSC01708.jpgDSC01700.jpg
BAR OF SOAPは6'0台が3本入荷しました!!!
水色が6'0!!グリーンと若草色が6'6'!!
なかでも、今回グリーンがボックスタイプのクアッドとなっております!!
ほぼ全て、オンフィンでしたからね!お待ちの方もいらしたのでは???


DSC01739.jpgDSC01732.jpg
CIRCA71TWIN(サーカ71)
近年のFISHブームの再燃に爆発的な人気となっているCIRCA!
グリーンと渋いブラウンが入荷してきました!
DSC01715.jpg
そしてこちらが、TYLER WARRENのFISH!!
「DREAM FISH」5'6'
CIRCAよりもテイルを絞り込み、掘れたセクションにも対応!!
ノーズエリアのボリュームは残してあるのでマッシーな波でも走るまさにドリームなFISHです!!


DSC01721.jpgDSC01724.jpg
TYLER WARRENからは、「BONZER」も到着しました!!
EGG+BONZERのこのアウトラインは、EGGの回転性とBONZERのスピード感を併せ持つ次世代BONZER!!!


DSC01781.jpgDSC01755.jpg
キターーーーーーーーーー!!!
ついに!!!!!
復活です!!!!!
「POSITIVE FORCE TWIN」ポジティブフォース!!!
大人気(当時BLUE誌にも特集された)のままブランクスの供給ができず入荷を果たせなかった幻のモデル!!!
ついに入荷しました!!!!
激速いテイクオフ!
ボリュームに似合わぬ回転性!!
当時を思わせるダブルフィンボックスやテイルバンプ!!
すべてが魅力的!!!!


DSC01771.jpg
「DERDLY FLYING GLOVE]デッドリーフラインググローブ!!
これ、写真では伝わらないダークダークダークパープル!!
すっごく神秘的なカラーですよ!!!!


そんなこんなの入荷でした!
詳細はお問合せください。
まずは速報でした!!!!


TUN
ロングボードサーフィンスクールならHOBIEです!

ニューボードオンラインアップ完了です!

オンショアで少しづつサイズアップしている湘南。
風波でもなかったことを考えるとこれでも神風でしょうか、、、
316901.jpg
昨日入荷したボード達がオンライン購入可能になりました。
ひとまずサムネイル版となりますので、詳細は御連絡ください。


TUN
ロングボードサーフィンスクールならHOBIEです!

ニューボード入荷速報!!

スネ波の続く湘南。
次の台風を夢見ながらの開梱作業となりました!

今回もよい感じのボードが続々と出てきましたよ!!
速報として全部ご紹介します!!


UNCLE BUCK(アンクルバック2)
DSC09951.jpgDSC09943.jpgDSC09929.jpg
カラー待ちのお客様!
大変お待たせ致しました!!
3色入荷です!白いピグメントが一押しカッコいいです!


BACKSTAR(バクスター)
DSC09977.jpgDSC09978.jpg
9'6"ボトムデザインがミラクル!!
ホワイトピグメントのデッキ効果でよりボトムデザインが引き立ちます!!
DSC09960.jpg
ニューデカールで入荷しました!9'6"

DIAMOND(ダイヤモンド)
DSC09967.jpg
マンゴーカラーの9'6"やや濃い目の色味で必見です!!


BAR OF SOAP(バーオブソープ)
DSC09923.jpgDSC09904.jpgDSC09892.jpg
左から、6'6"、5'2"FISH、6'0"!!
特に今回の5'2"FISHはよいアウトラインでウットリです!!


RETRO EGG(レトロエッグ)
DSC09997.jpgDSC00006.jpg
こちらも人気品薄だったエッグ!!
ブラウンが7'6"ブルーが7'4"でとても綺麗なカラーです!!


DREAM FISH(ドリームフィッシュ)
DSC09898.jpg
大変お待たせ致しました!!
こちらが、タイラーウォーレンのFISHです!
細身のアウトラインで小波から大きな波まで対応する万能FISH!!


CIRCA71TWIN(サーカ71ツイン)
DSC09917.jpgDSC09910.jpg
こちらが、HOBIEのFISH!!
今回も2本入荷しました!!
タイラーのアウトラインと比べてみてください!
ノーズよりにボリュームゾーンがあり、小波や厚い波では効果を発揮します!!!


MICKEY MUNOZ N/R(ミッキームニョスノーズライダー)
DSC09937.jpg
お久しぶりの入荷です!
神様ムニョス様!!!
HOBIE最強のテイクオフモンスターは、ネイビー9'6"が到着です!!


ONE FIN PIN2(ワンフィン ピン)
DSC09991.jpg
9'6"の、、、
小豆色とでもいいましょうか、、、メッチャ綺麗です!!!
脱帽カラーです!!


SALINAS(サリナス)
DSC09984.jpg
レッドが入荷してきました!!



お問合せお待ちしております!!

TUN
ロングボードサーフィンスクールならHOBIEです!

" FISH " Circa 71 Twin インプレッション

台風5号は長期にわたり、湘南に良い波を届けてくれました!
あとは、台風による被害が無いことを祈ります。

その台風から届いた波で、連日いろんなボードにのりました

Phil Edwards Model 9’6”
Phil Rajzman Model 9’0”
CIRACA 71 TWIN 5’9”
TW CHARGER 6’6”
TW STORKER 5’6”
Space Rocket 6’6”

どれもこれも、良いボードばかりでした。
それぞれに、それぞれの良さがあり、どれに乗っても良かったです。

インプレッションがまだのボードもあるので
順番にインプレッションを書きたいと思います。

今最も旬であろう FISH ボードの 
CIRCA 71 TWIN から行きます。

DSC0880010101.jpg

Gary Larson シェイプです。
このボードはなんとクラークフォームで今年削られたボードです
Kさん、ありがとうございます。

このモデルは以前からあるのですが、去年からのフィッシュブームとともに
人気が再燃したモデルです。


サイズは
5’9” * 20 1/2” * 2 5/8”
幅も厚みも結構ありますので、かなり浮力があります
この手のフィッシュ特有の感じで、テイクオフは非常に早いです
かなり甘えん坊な感じです

幅が広いのでパドルがスイスイ進むという感じではないですが
波が近づき、テイルに差し掛かると、勢いよく後ろから押されます
そうです、Bar Of Soap のそれに、非常に近いですね。
つまりテイクオフがかなり楽だ、ということです。

そして、走りですが、Bar Of Soap同様に非常によく走ります
幅が広いので、波をボトムの面で捕らえる感じです。
厚めのセクションもすいすい走ります。
つまり小波や、波のサイズがあっても緩やかな斜面を走るのに最適です。
厚めのブレイクに威力を発揮します。

ただ、逆に言うと、あまり掘れているセクションを走ったり、アクションしたりすると、
幅が邪魔をする時もありました。
どういうことかというと、掘れていたり、パワーの有るセクションでは、
幅があり、レイルにも浮力があるため、波のパワーに負け、はじかれてしまうことがある、
ということです。

緩やかなセクションをメローにカービングするのに向いています。


そして、ターンですが、
ツインのフィッシュですので、このボリューム感がある割に、良く動く感じを受けました
ツインキールフィンが、ボードの左右の端で引っ掛かる為、ターンをしようとすると、
片方のフィンと片方のテイルがしっかりと水の中に沈みこみ、そこを中心にドライブしていきます。
ドライブ系のターンなのですが、シングルフィンよりも小さい半径で高速に返っていきます
また、深いボトムターンで加速も非常に良いです。
クローズセクションへの当て込みやトップでの返しは、これだけベースの長いフィンですので、
一気に返す事は出来ますが、一旦失速する感じです。
その後もう一度深いターンをして加速してまた当て込む感じです。
良いスプレーが上がります!!

個人的には、ツインフィン歴が長く、フィッシュや ソープに散々乗ってきたので
こういうターンのドライブ感がたまらなく好きです。
思わず“ニヤリ”としてしまいます。


今特に、フィッシュブームもあって、人気モデルです。
今後も台風シーズンに突入していますので
是非お試しあれ!!



PS.
ちょっとだけPhil Edwards モデルについて書かせていただきますと
前回も書いたように、古いのに、新しい。
ここ数年にはない新しい感覚のボードです。
乗るたびに新しい発見があり、非常に楽しいです!!
とにかくパドル、テイクオフはバカッ早です!
これはまたあらためて


Masa



フィル・エドワーズ・モデル インプレッション

台風5号のうねりがゆるく入る中、
フィル・エドワーズ・モデルを乗りこんでいます。

今のところのインプレッションをご紹介します。

DSC053491.jpg


まずはパドリング。
想像通りです。 ノーズがこれだけ細いのと、ボトムのフラットさ
やはり、抵抗は非常に少ないため
物凄く早いです。
ノーズエンドは細いのですが、ノーズから1フィートくらいの部分から幅が急に出てくるため
また、ロッカーほ程良くあるため、
結構前方に乗りこめるタイプのボードです
ですので、パドルはかなり早いです

そしてテイクオフ。
上記のパドリングのスピードから、非常に走りだしが早いです。
つまり、テイクオフも、凄く早いです。

そして、走りです。
ご想像の通り、やはり、凄く早いです
ノーズの抵抗が無い事、ボトムにコンケーヴが無いこと、
そして重さが程良くある事から、スピードは凄く早いです。
特に、アウトラインのワイデストポイントが、比較的前方にあるため、
2歩ウォーキングした近辺に加重するとより加速する感じです

そして、ターン。
ここがこのボードの特徴かと思います
クラッシックボードの割に凄く動きが良いのですが
テイルがしっかりとした感じを受けます。
どういうことかというと、テイルを踏んでターンをするときに
軽くダウンしたレイルが水を捕らえて、しっかりとしたドライブの利いたターンが出来ます
フィル・エドワーズの昔のライディング映像のキャプチャーでは
この写真の感じです

Edwards91.jpg


テイルを水にねじ込む感じのドリルターンが
気持ちよくできます。

そして、テイルの厚さが、下記の写真のようにしっかりあり、浮力を出していて、
DSC084601.jpg

テイルを踏み込んだ後にドライブターンの出口で、
テイルの浮力が、反発を生んで、後ろから押してくれているような感じで物凄く加速します。
ターンの直後のスピードが半端じゃないです。
通常のピヴォットターンだとターン後に減速するので、ウォーキングしないといけないのですが
このフィルモデルに関しては、ターン後にテイルの浮力による反発に押されて、スピードビルドします。
ここが、乗っていて非常に面白いです。
ターンする度に加速する感じ、テイルを踏み込む度に直後に加速する感じです。

たとえば、クローズセクションで、ボトムに降りてリ軽くトップに当てこもうとするとき
ボトムでターンをした直後トップに向かって加速するので、
鋭い角度で波に当たり、思った以上に角度が付いて、ボードが予想以上に波がら出ます。
クラッシックボードとは思えないほどの感覚です。

また、この感じは、私はよくエッジのあるボードのターンを、スパイクをはいて走る感じと例えるのですが
このフィルモデルは、同様のたとえをすると、登山靴を掃いている感じのターンです
このモデルはテイル部がソフトダウンレイルなので、エッジほど、切れ切れでは無いのですが、
水を逃がさないで、しっかりとひとターンする度に加速して行く感じです
何でかな、と考えたんですが、それは
テイルエンドのデッキ側が、下記の写真のようにドーム型になっているため
ているに足をおいてターンをするときに足の土踏まずまでしっかりと使ってテイルに圧を掛けることが出来るのです

DSC084571.jpg


なので、登山靴を履いているかのような感覚でしっかりとしたターンが出来る感じなのです

上記のターンの部分がフィルモデルの最大の特徴になるのかなと思います
この感じはここ最近の20年くらいのHOBIEのモデルにはない、古いのに新しい感覚の乗り心地です。
レジェンド、ローズ、レガシー、レトロクラッシック、等とも全く違う感じの乗り心地です。


また、このフィンが、ドライブを助長しています。

19184307_1305142099602704_1294567146_n.jpg


そしてノーズライディングですが、
ノーズがここまでナローなので、厚いセクションでノーズを狙うと
やはり、沈んでしまいます。
ですが、少しサイズのある波で、良いセクションにセッティングをすると
思った以上にノーズライドが可能です。
ノーズの先端から2フィートくらいの部分が非常に幅があるために
ハングファイブ状態の後ろ足のあたりへの加重をしていると
全然走れます。
そしてそこから前足をとがったポイントノーズの先端に掛けることは
思った以上に楽でした。
こういうとがったポイントノーズの先端に足を掛けるって
気持ちいいです!


そして、何より フィル・エドワーズがこういうボードに乗っていたんだな
という、時代を超越した満足感が、ハートにズシリとくるのでした。

台風まだまだこれからなので
もう少し乗り込みます!!


Masa

BUCKSTER最高!!by KIN

海の日の3連休なんとなく遊べた湘南でしたね。満喫したでしょうか?
今日は最近私KINが乗っているNEW MODELのBUCKSTERをご紹介したいと思います。
842521_10.png
バッキーのライディングを知っている方なら、乗ってみたら直ぐにバッキーが好きな板だと感じると思います。
全体は軽くて薄めCLASSIC NOSERIDERのイメージなのにテイルはダウンレイルのエッジなんともモダンな組み合わせですが、これがビックリ!!乗りやすくクセがない板です!!
テイクオフはボリュームの割りに早く、ロッカー少な目ですが、前目に乗れてパドルスイスイ。スイスイスイーーー
テールがPINテールなのでターンがとても優しいです。
テイルを踏み込んでターンが苦手な女の子にもピッタリ!!
つながりぎみの波は斜めに入っていくとワンアクションかけられますよーーー!!
ターンが楽なのでセットしやすく、ノーズも狙えます。
ノーズは薄めなのでしっかり掘れている波の時は最高です。バッキー2よりは行ける波はほんの少し減る感じです。
そしてなんといってもエッジです。ひっかかりが良くノーズライダーなのにあてこみがしやすいです。
最後のセクションでしっかりきめられます。上手くなった気分だわーーー^^
多少のオンショアもまったくノーズが引っ掛かるとかは無く、むしろエッジを使って遊べます。
波に合わせて右へー左へーーが楽しい板です。

私が今乗っている板は9'4“で少し厚みがあり軽めです。
ワンサイズダウンしたらもっと動かしやすくなる代わりにノーズに行ける時間が少しへるかな?
そこは腕次第!ワンサイズアップしたら、スピードによりノーズが安定して良いのかなーと感じます。
小さい波ではテイクオフが早いので遊べます。私的には少しサイズのある波でノーズに、あて込み、ターンなどで遊びたい板です。
ちょっと乗り込んでみたい一本です。

メンズはもちろん、バクスター女子も増えそうな予感のボードですよーー!
在庫状況

たまに登場のKINでした

ワールドチャンピオン フィル・ラズマン・モデル!!

今日は、2016年 世界チャンピオンの
フィル・ラズマンのシグネチャーモデルをご紹介します。

この人
6ef989848c20710596bae2cf2fdee21a.jpg

philrajzman123.jpg
2007年と2016年の2度の世界タイトルを獲った男です。

2016年のタイトルを獲った時に使っていたボードが非常に気に入っていて
それを彼のシグネチャーモデルとして、今年HOBIEから初めて発表しました

それがこのフィル・ラズマン・モデルです

DSC08748.jpg


サイズは9'0" * 22 3/4" * 3"
想像以上のボリューミーなサイズです。
3”という厚さには、驚かされました。
素材はEPSなので、通常のフォーム以上に浮力があるので、
かなりの浮力があります。


さまざまな角度から今日はご覧いただきます

DSC09121.jpg

DSC09120.jpg

想像を超える浮力があり、
思った以上に乗れるタイプのボードです。
普通、世界チャンピオンが乗るボードというと、車で言えばF-1カーのような感じで
乗りずらいタイプのボードに思いますが、
想像をいい意味で裏切られました。

細部を見ていって頂きます

まずはロッカー
DSC09118.jpg


ご覧のように、想像をいい意味で裏切っています
予想以上にロッカーがありません。
有ると言えば有るんですが、チャンピオンが乗るボードとなると
走りは無視して、とにかくターン性能を引き出すハードなロッカーが多いと思うのですが
ご覧の通り、非常にナチュラルなロッカーです。
走りも意識している感じなので、我々のような一般のサーファーが乗っても
しっかりと走ってくれそうな感じです。



次にレイルを見ていって見ましょう
ノーズの方からテイルの方に移動してみてみます

先ずノーズ付近
DSC09122.jpg
ノーズ付近から、何となくしっかりとした厚さのあるレイルです。

DSC09123.jpg
徐々にセンターに近付くにつれ、どんどん厚くなってきます

DSC09124.jpg
センターはこのように厚いです

DSC09126.jpg
そして、テイル方面はどんどん薄くなっていき

DSC09127.jpg
エッジがハードになっていきます。
DSC09128.jpg


そのエッジをご覧ください。
DSC09129.jpg
かなり長めのエッジがしっかりと入っています。


次に、ボトム形状を見ていきましょう。
ノーズから進んでいきます
DSC09130.jpg
ノーズからコンケーブがしっかりと入っています

DSC09132.jpg
ノーズから1フィート程度の部分です。
かなりしっかりとコンケーブが入っています

その後コンケーブは薄くなっていって、
DSC09133.jpg

DSC09134.jpg


ダブルコンケーブが始まります
DSC09135.jpg

そして、もう少し後方に行くとダブルコンケーブがハードになっていきます
DSC09138.jpg

DSC09140.jpg
サイドフィンちょい前部です
かなり激しくダブルコンケーブが入っています

ここを後方から見てみますとこうなります

DSC09143.jpg

そしてセンターボックス上です。
DSC09141.jpg


やはりボトムはワールドチャンプらしいボトムをしています。
波をしっかりととらえて、ハードなターンが出来そうです。



ご覧頂いたとおり、浮力をしっかり持たせて、レイルの反発を使ってボードを動かす
というボードです。
浮力があるということは踏み込んだ時に帰ってくる力が強いです。
そしてハードなエッジでその反発の力のベクトルをしっかりと次の方向へ変換し、
反発する力でスピードをビルドさせる、というタイプのボードとなっています


視点を変えてみると、一般のサーファーにとって、この浮力は、
パドルが楽になるし、ボードを動かしやすくなるので、
テイクオフが楽なパフォーマンスボードとして、使えるボードになっています
ただ、これだけ浮力があると、ウォーキングやノーズライディング等のクラシカルな技は
我々レベルからすると安定感が欠けるかもしれません。
フィルは簡単にノーズライドしていますが、、、


波のコンディションによって、こういうボードもかなり楽しいと思います。


まずは、ショップに世界チャンプのボードを見に来て下さい!!


Masa





















BLUE.最新号の特集は、、、

ついに力尽きた湘南。
サーフィン厳しいコンディションの一日となりました。
週末も物足りないコンディションとなりですが、先日入荷のボードを見に来てくださいね!

さて、今日はBLUE発売の話題。
IMG_4925.jpg
なんと今回の特集記事に、、、
IMG_4927.jpg
HOBIE「PHIL EDWARDS」モデルついに復刻の記事!

業界騒然となったこのニュース!
お披露目パーティーの模様も記載されており、一読の価値ありです!!

そんな「PHIL EDWARDSの在庫状況です


ほか、先日の入荷ご紹介に1本漏れがありました!
DSC08816.jpgDSC08818.jpg
久々の入荷です!
「DEADLY FLYING GLOVE」(デッドリー フライング グローブ)7'2"
コーキーキャロルの70年代復刻モデル!
ミッドレングスの選択肢がまた一つ増えますね!!

TUN
ロングボードサーフィンスクールならHOBIEです!

NEW BOARD 入荷

久々のしっかりしたサイズの波になった湘南。
平日にも関わらずどこのポイントもFUN WAVEで賑わっていました!!

そんな夏の日差しの中、到着しました!!
ニューボード!!
そして、ニューモデル!?
ご紹介しておきます!!

「「B-68」」
ミッドレングスのニューモデルが到着です!!
DSC08882.jpgDSC08881.jpg
7'6" \167,000 (税別)・・・・・SOLD

DSC08868.jpgDSC08866.jpg
7'1"   \ 177,000 (税別)
DSC08832.jpgDSC08834.jpg
7'4" \ 167000  (税別)

RETRO EGGに比べるとやや細身、HULLと比べるとやや厚め!!
とても魅力的なミッドレングスですね!!
オールランドに使えてスピード感が魅力のこのB-68、フィッシュテイルもご用意しております!!
カッコいいデザインすぎて、おーーーーー!!とどよめきましたね!!
シェープ&デザインは、
hobie-surf-shop-michael-arenal-salt-surfcraft-shaper-surfboard-2.jpg
彼です!
HOBIEで修行を積み、もちろんTYLER WARRENからも大きな影響を受けた若手筆頭!
覚えておいてください「ARENAL(アリナル)」と申します。
グングン頭角を現し、現在では、シェープのみならずボードデザインまで手がけ、HOBIEから発売してしまうほどの逸材です!

ボードを持った瞬間、ん?
これはよさそーーー!!!
と直感から感じられる!!
そんなボードがHOBIEのラインナップに加わりましたよ!!!


続いては、「CIRCA 71TWIN」サーカ71ツイン!!
昨今のFISHブームにリクエストの多かったこのモデルがついに入荷!!
DSC08850.jpg
5'11" \161,000
DSC08810.jpg
5'9" \161,000・・・・・・HOLD
DSC08792.jpg
5'10" \161,000
DSC08784.jpg
5'11" \161,000
今回は5'9”~5’11の入荷です!
見るからに、本物の「THE FISH」と呼べるアウトラインにうっとり、、、
このボードでハイラインを切り裂きたい、、、
しばらく眺めておりましたぁ、、、久々にFISHに乗りたくなりました!
DSC08802.jpg
DSC08805.jpg
まてよ?
その中に、先日見つかったCLARK FORMでシェープされたFISHがあるではありませんかーーー!?
参考記事
ビックリしました。。。
スーパーレアボード、早い物勝ちでお願いします。

・・・・・SOLD

こちらもニューモデル!!
「PHIL RAJZMAN」(フィル ラズマン モデル)
DSC08749.jpgDSC08748.jpg
¥190,000 (税別)
そうです、ワールドチャンピオンのシグネチャー登場です!
EPSで軽量化されながらも細く、厚みのある独特のシェープ。
ロッカーが少なめも特徴的ですねーーー!
反発が強く、踏み込めば踏み込むほどに加速!!
直角リッピングまで対応可能という、コンペティションサーファーにはたまらないデザイン!!

十分な浮力とローロッカーで非力な女性にも合いそうですねーーー!
本当に魅力的なボードです!!


UNCLE BUCK Ⅱ(アンクルバック)
DSC08727.jpg
9'6" \218,000 (税別)
今回はいつも欠品で御迷惑をおかけしている、クリアーボランの9’6”!
まったく同じ仕様で2本入りましたーー!!


SALINAS(サリナス)
DSC08752.jpgDSC08742.jpg
9’6”  ¥248,800 (税別)
メロンのような綺麗なカラーと目を引くBLUEの2本!!


ONE FIN PIN(ワンフィンピン)
DSC08763.jpg
9’6”  ¥248,800 (税別)
落ち着いた色味の黄緑色!!!


BOMBER(ボンバー)
DSC08722.jpg
9’6”  ¥248,800 (税別)
赤のカラーフォームがCOOLですねーー!!


DIAMOND(ダイヤモンド)
DSC08824.jpgDSC08767.jpg
9'6" \248,800 (是別)
こちらも大人気ノーズライダー!
色待ちのお客様!!!
大変お待たせ致しました!!
ブルーが本当に綺麗です!!!!


BUCKSTAR(バクスター)
DSC08840.jpg
今回、ついに!専用デカールができましたよーーー!!
バーンドオレンジ9’4”!!!
\220,800


DSC08896.jpg
EL HUEVOS(エル ウェボス)6’0 \158,000 (税別)
DSC08876.jpg
BAR OF SOAP(バーオブソープ)5’5”クアッド  \193,000 (税別)
DSC08859.jpg
LUNCH PLATE(ランチプレート)5’8”  ¥153,00 (税別)
DSC08775.jpg
CORKY CARROLL(コーキー キャロル)9’6” \240,000 (税別)


そして、もう一コーキーキャロルのミッドレングス
DSC08816.jpgDSC08818.jpg
7’2”  \158,000 (
zehets9
久々の入荷です!
「DEADLY FLYING GLOVE」(デッドリー フライング グローブ)7'2"
コーキーキャロルの70年代復刻モデル!
ミッドレングスの選択肢がまた一つ増えますね!!


なかなのボリューム!
充実の内容での入荷となりました!!

WEB上にはまだ反映されませんので、
メールいただければ、通販対応も可能です。
shop@kaimana.net まで!
お問合せお待ちしております!!!!!

TUN
ロングボードサーフィンスクールならHOBIEです!

フィル・エドワーズ・モデル、実況

先日のフィル・エドワーズ・グライダー・モデルの記事には、多くの反響を頂き
誠にありがとうございました。

そんな中、伝説のボード復刻劇の本命である
フィル・エドワーズ・モデル の詳細を実況したいと思います。

今月号のNALU誌を読んでいても、事あるごとにこのフィルエドワーズの事が
出てきます。
例えば、ロングボードリバイバルの立役者である、ジョエル・チューダーも
最も尊敬するサーファーはというと、フィルエドワーズと答えていますし、
抱井さんの書いた記事の中にも、
「ロングボードリバイバルと言うが、HOBIEはいつの時代もフィル・エドワーズ・モデルを造り続けていた」
という内容の文章もあり
やはりロングボードを語るときに、欠かせないのが
HOBIE であり、このフィル・エドワーズ なのです。

そんな歴史あるモデルが復刻を遂げて、未来永劫受け継がれるという
素晴らしい出来事が、今実現しているのです
この瞬間も歴史に刻まれるのだと思うと、感無量です。

さて、前回同様、360度 からフィル・エドワーズモデルを丸裸にしたいと思います


まずはアウトライン
DSC053491.jpg
なんとも神々しいアウトライン、これこそが、フィル・エドワーズ・モデル!!
無駄が無い、ナチュラルな曲線で成り立っていて、
気品溢れるコンツアーをしていますね。

サイズは9'6" * 23 1/2" * 3"

9'6"なのに、先日の10'のグライダーよりも幅が広いのです
ということは、より全体が丸身を帯びているということで、
これは直進性能よりもターンを考えたアウトラインということなのです。
先端はとんがっていて、いかにも早そうですが、実際はターンも非常に意識したデザインとなっています


テイル側から見ていきます
DSC084571.jpg
これぞクラシックという感じです。

DSC084581.jpg
テイルブロックも凝っています。

DSC084591.jpg

DSC084601.jpg
一番テイル側のレイルです。
先日のグライダーに比べると、そんなに落ちていません。
ソフトダウンな感じです。

DSC084611.jpg
そして少し前側に進みす
60/40 くらいのソフトレイルです。

DSC084621.jpg
もう少し前、ボードのセンターくらいです
なんともセクシーな50/50なソフトレイルです

DSC084631.jpg
そして、ノーズエリアのレイルはご覧のようなアップレイルです。
水のエントリーをスムーズにするスピード重視のデザインです

ノーズからどうぞ!
DSC084651.jpg
美しい!!
DSC084641.jpg

DSC084661.jpg
デカールも勿論 Phil Edwards Model デカールです


ボトムを見ていただきましょう
DSC084681.jpg
テイルから

DSC084691.jpg
ノーズから
DSC084701.jpg
あらゆる方向に 曲線を用い、非常に滑らかなボトムデザインが見てとれます
この滑らかさは乗り心地にも影響し、メローなグライドを約束します

DSC084721.jpg
Mark Johnsonのサインがしっかりと入っています

ノーズ側から、ボトムを見ていきましょう
DSC084731.jpg
アップレイルにつながるロールドハルボトムです。
抵抗ゼロ!

DSC084741.jpg
少し後方に下がったところです。
センターだけフラットですがすぐにロールしています。

DSC084751.jpg
もう少し後方です。
ボードのセンター付近です。
グライダーモデルよりもロールしているのが分かります。

DSC084761.jpg
デカールの後方です。
ロールがきつくなるのが分かります ロールドVEEですね


DSC084771.jpg
ボックス手前も同様

DSC084781.jpg
ボックス後方です。
先程と同じく、ロールドVEEです。

このあたりが、先日のグライダーモデルと大きく違います
こちらの方が柔らかい感じがしますね。
ターンしやすいです。


DSC084791.jpg
ボードを立ててみます。
ロッカーはナチュラルにしっかりと付いています。

DSC084801.jpg
ノーズも厚みがあり、武骨なクラッシックな感じがにじみ出ています

DSC084811.jpg
テイルも同様ですね。

テイルエンドビューです
DSC084821.jpg
ソフトなのにダウンしている感じが分かると思います


最後にフィンです
19184307_1305142099602704_1294567146_n.jpg
グライダーモデルよりもレイクがあり、後方に振っています。
スピード&ドライブ ですね。

19239745_1305142079602706_1639120878_n.jpg
勿論、フィンにも Phil Edwards Model のロゴが入っています。
フィンだけでも欲しいという方もいらっしゃいますが、今のところボードとセットなのです



ということで、先日のグライダーの記事の写真と比べていただくとよくわかるのですが
グライダーの方が、レイルが落ちていて、ボトムがフラット、そして全幅が細い
そして、このPhil Edwards モデルの方が、レイルがソフトで、ボトムがロール、そして、全幅もある。
ということで、グライダーはよりスピードと安定感という感じですが
この本命フィルモデルに関しては、スピードは勿論なのですが、想像以上にコントロール性能が兼ね備わっています
個人的に所有しているフィルモデルが、非常にこれに近いシェイプをしているのですが、非常に動くボードです。
ターンがとてもしやすくて、センターに乗っていて、全てのコントロールが可能なボードで、
似たようなタイプのレガシーに比べると、テイルがしっかりとしているので、緩やかなグライド感の中に
切れのあるターンも可能な感じです。
やはり、これだけのポインテッドノーズでコンケーブ無しのロールドボトムですから、
ノーズ性能がいいかと言われると、良いとは言えませんが
アウトラインの写真を見ていただいて分かるように、ノーズエンドこそ、細いですが、ノーズから1ft~2ftのあたりは
急激に幅が広くなります。つまり、ハングファイブの時の後ろ足のあたりはしっかり幅があり、掘れ目のセクションなら
ファイブで走るのは十分可能です。

想像以上に乗りやすいボードです。
パドルが早く、それゆえテイクオフも楽にでき、走ってくれて、動いてくれる
そんなボードなのです。


2017年に見事復刻を遂げた、50年以上の歴史あるHOBIE Phil Edwards モデル
前回のフィル・エドワーズ・グライダーモデルと、この元祖フィル・エドワーズ・モデル
どちらも、非常に重要なモデルですね!


Masa









プロフィール

hobiefamily

Author:hobiefamily
カイマナトレーディングのスタッフの日記です。
HPもご覧下さい
btn_item.jpg
友だち追加数


~BEACHPARTY2017写真館~

N氏アルバム1
N氏アルバム2
N氏アルバム3
N氏アルバム4
アルバムTK氏

※閲覧はプライバシーを保護する為、参加者のみに制限させて頂きます。パスワードはお問合せください。

当BLOGの波情報について

HOBIE公式Facebook
最近の記事
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -